お知らせ

看護師・准看護師さん(常勤・パート)募集

 

 

現在、看護師・准看護師さん(正社員・パート)を募集しています。

 

当院で働くメリットを5つご紹介します。

 

  • ① 日勤のみで生活リズムが安定! 日曜、祝日、お盆や年末年始は確実にお休み
  •  

入院施設のないクリニックなので当たり前ですが、夜勤や休日の出勤はありません。

 

生活リズムも安定しますし、病院勤務のように、連休のシフトが出るまで家族の予定を立てられない、休みの希望をいつ伝えようかな、などと気を揉む必要はありません。

 

日曜、祝日、お盆や年末年始はみんなで必ずお休みです。

 

年間休日 118.5 日(半休を0.5日とみなす)

 

  1. ② 子育て中のスタッフが多いので、お子様がいる方も安心

 

実際に当院で産休、育休を取得して復帰してくれたスタッフも在籍中です。

皆さんお子さんのイベント(運動会、授業参観など)優先でお休みをとっています。

 

スタッフのお子さんも0歳から16歳以上の方までいるので、子育ての相談もしやすい環境です。

お子さんの急な発熱でのお休みもお互い様。理解し合える環境です。

 

 

  1. ③ 医師1名に対して、看護師さんは常時3~5名体制
  2.  

お互いにヘルプや確認をしながら、働くことができます。

 

 

  • ④ 希望の休みを取りやすい

 

平日の固定休みではなく、普段から希望優先で半休や1日休みをとるため、パートの看護師さんが複数人います。

お休みを入れても、ヘルプで入ってもらいやすい体制が整っています。

 

  • ⑤ 福利厚生が充実

 

加入保険:厚生年金、雇用保険、労災保険、健康保険(社保)

 

通勤手当あり 上限 10,000円 

 

住宅手当あり 10,000円 (正社員 世帯主 入職6ヵ月~)

 

産休、育児休暇制度あり

 

退職金制度あり

 

 

事前見学も可能です。

 

ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

 

092-874-5111  なかむら整形外科

 

 

2023年01月09日
再生医療のご案内

再生医療という治療の方法をご存じでしょうか?

 

再生医療とは、ケガや病気などによって失ってしまった機能を、いわゆる“化合物”である薬で治療するのではなく、人のからだの「再生する力」を利用して、元どおりに戻すことを目指す医療のことです。

整形外科領域で再生医療が最も進んでいるのは膝の治療です。

膝の痛みでお困りの方の原因の多くが変形性膝関節症です。

変形性膝関節症は、加齢や内反膝(O脚)、体重増加などが原因で発症します。膝関節の軟骨がすり減り、痛みが生じます。

 

 

初期は立ち上がりや正座の時だけの痛みですが、進行してくると階段の昇降や通常の歩行にも支障をきたします。

従来の治療法では、初期はヒアルロン酸注射、リハビリ、インソールなどを行い、それでも進行して骨の変形が起こってしまった場合は、骨切りや人工関節の手術が中心でした。

 

しかしヒアルロン酸注射などで痛みが改善しない方で、さまざまな事情で手術療法を受けられない人がいます。

手術は怖い、介護など家族の事情で入院できない、スポーツをこのまま続けたい、手術を受けるまではないけど、もう少し良くしたいと考える人もいます。

再生医療は、そのような方に有効な最先端の治療法になります。

 

再生医療による治療はどんどん広まってきており、変形性膝関節症だけでなく、他の関節痛、腱付着部の痛みの治療にも行われるようになってきました。

 

詳細は、当院でお渡している PFC-FD説明書をお読みください。

このまま下に文章を貼ってありますので、ご確認いただき、ご不明な点がありましたら、当院スタッフまでお声かけください。

 

院長

  

PFC-FD 説明書

 

PFC-FDとは

 

PRP-FDは血小板由来因子濃縮物(Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry)の略です。

 

血小板は血管が損傷したとき損傷した場所に集まって止血をする働きがあります。

その際、多量の成長因子を放出します。この成長因子には組織修復のプロセスを開始する働きがあります。

血小板の放出する成長因子を使って、治りにくい組織の修復を促し、組織修復のスピードを上げていく方法がPFC-FD療法になります。

 

PFC-FDには組織修復を促す働きはありますが、どのような組織を作るかについて指示する働きはありません。

 

似たような再生医療として、PRP療法というものがあります。

PRP療法も血小板を使った治療法ですが、当院で採用しているPFC-FDは、血小板の持つ成長因子(細胞の成長を促す栄養素)だけを抽出し、PRPよりもさらに成長因子を濃縮させた液体を、フリーズドライ化(凍結乾燥保存)したものです。

 

 

この加工をすると、通常のPRP療法に比べて、血小板を高濃度に濃縮するので、得られる成長因子も濃度が高くなり、成長因子の総量が約2倍になることがわかっています。

 

またフリーズドライ化により時間の経過があっても成長因子の濃度が低下しないというメリットがあります。

 

常温で6か月間保存が可能ですので、血液採取後、都合のいい時に来院していただき、治療をすることができます。

 

 

PFC-FDに含まれる主な成分と働き

 

  • 成長因子(PDGF、TGF、VEGF、EGF、FGF、HGF、IGFなど)
  •  
  • PDGF:細胞増殖、血管の新生、コラーゲンの産生
  • TGF-β:骨芽細胞の増殖、創傷の治癒、不要細胞の排除
  • VEGF:血管の新生、リンパ管形成、抗炎症作用の増幅
  • EGF:細胞増殖による創傷の治療、血管の新生
  • FGF:細胞分裂促進および組織の修復、血管の新生

 

 

治療のメカニズム

 

運動器(変形性関節症、筋・腱炎、筋・腱損傷等)の痛みは、組織のダメージが修復されないために起こります。

 

ご自身のPFC-FD(血小板由来成分濃縮物)を用いて、血管が新しく作られたり、細胞が集まってきたりすることで自己修復力を活性化させ、組織を修復することがこの治療の目的になります。

 

自己修復力を活性化した結果、以下のような効果が期待できます。

  • ・ケガ、傷の修復速度の向上
  • ・損傷後、治りにくくなった部位で、再度治癒プロセスの活性化
  • ・組織の硬さや柔軟性を元の状態に近づける(組織の変化、物性の変化)
  • ・痛みの感じ方を変化させる(受容器の変化)

 

 

治療で改善が期待できる疾患

 

  • 変形性膝関節症
  •  
  • テニス肘(上腕骨外側上顆炎)
  •  
  • 肩関節周囲炎
  •  
  • 母指CM関節症
  •  
  • 変形性足関節症
  •  
  • 肘関節靱帯損傷
  •  
  • 足関節靱帯損傷
  •  
  • 膝蓋腱炎(ジャンパー膝)
  •  
  • アキレス腱炎
  •  
  • 足底腱膜炎

 

※股関節は、確実に関節内に注入をする方法がないため、現段階では行っておりません。

 

 

治療の短所・デメリット

 

  • 医療保険の対象外のため、治療費が自費になります。
  •  
  • 自己修復力に依存しているため、上手く修復プロセスが働かないことがあります。
  •  
  • 採血部、注入箇所の一時的な痛み、皮下出血、感染の可能性があります。

 

 

治療の長所・メリット

 

  • ご自分の血液をもとに作るため、拒否反応やその他副作用が少なく安全性の高い治療です。
  •  
  • 自己修復力を用いているので、自然な形で修復が期待できます。
  •  
  • 自己修復が難しいと言われる組織でも、修復を促すことができます。
  •  
  • 手術や入院が不要で、注射をした日に歩いて帰れます。
  •  
  • 来院は「採血」と「患部へ注入」の最小2回で可能です。
  •  
  • 何度でも受けることができます。

 

 

治療に関する権利

 

  • 治療を受けることも、受けないことも自由です。
  •  
  • 血液を採取して、PFC-FDを注入するまでの間に、治療を中止することも可能です。

(ただし、PFC-FDオーダー後は、注入されなかった場合でも返金は致しかねます。)

 

 

治療の流れ

 

  • 血液を49mL静脈より採取します。
  •  
  • 厚生労働省の許可施設(セルソース株式会社)に血液を搬送し、PFC-FDを作製します。
  •  
  • PFC-FDの作製には3週間を要します。
  •  
  • 患部にPFC-FDを注入します。

 

 

治療後の注意点

 

  • 注入部位は翌日から浴槽につけていただいて大丈夫です。
  •  
  • 注入後、数日間は血流の良くなる活動(長時間の入浴、サウナ、運動、飲酒など)を行うことで、治療に伴う痛みが強くなることがありますが、治療効果に差はありません。
  •  

 

PFC-FD作製にあたりご理解ください

 

  • PFC-FDは感染症検査(HIV、HBV、HCV、梅毒、HTLV-1)で陰性の方のみ提供が可能です。
  • 血液検査の結果加工作業ができないとなった場合は血液検査代金のみご負担をお願いいたします。
  •  
  • 悪性腫瘍を患っている方はお受けいただけません。
  •  
  • 血液の状態によっては、ごく稀に作製が出来ない場合もあります。その際には再度採血をお願いする場合があります。
  •  
  • 医療機関から血液輸送時に破損した場合、再度採血をしていただく必要があります。
  •  
  • 保存期間を過ぎた場合は破棄させていただきます。(保存期間は半年です。)

 

 

費用

 

  • PFC-FD治療  1回 165,000円(税込)
  •  
  • 感染症で陽性反応が出た場合  10,000円(税込)
  •  

※当院では現在クレジットカードの取り扱いを行っておりません。

窓口で現金でお支払いいただくか、福岡銀行口座への振込となります。

 

同意書の取扱いについて

 

  • 治療の内容をご確認いただき、同意書にご署名のうえ採血時にお持ちください。
  •  
  • 同意書原本は当院カルテ内に保管いたします。ご希望の場合は写しをお渡しします。

 

 

 

2022年12月20日
年末年始の診療のお知らせ

年末年始の診療予定をお知らせ致します。

 

12月28日(水)午前 通常診療  午後 通常診療

 

12月29日(木)午前 通常診療  午後  休診

 

12月30日(金)      休診

 

12月31日(土)      休診

 

 1月 1日(日)      休診

 

 1月 2日(月)      休診

 

 1月 3日(火)      休診

 

 1月 4日(水)午前 通常診療  午後 通常診療  

 

1月4日より通常診療となります。よろしくお願いいたします。

 

院長                      

2022年12月02日
台風に伴う診療時間の変更について

台風の影響を考え9月6日火曜日の診療開始時間を変更いたします。

 

9月6日 火曜日 朝10時~ 診療開始

 

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

院長

 

2022年09月06日
お盆休みのお知らせ

当院では下記の日程でお盆休みを取らせていただきます。

 

 

8月10日 水曜日   通常通り

 

8月11日 木曜日(祝)休診

 

8月12日 金曜日   休診

 

8月13日 土曜日   休診

 

8月14日 日曜日   休診

 

8月15日 月曜日   休診

 

8月16日 火曜日   通常通り

 

 

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

院長

2022年06月18日
ゴールデンウイーク期間中の診療のお知らせ

ゴールデンウイークの診療予定をお知らせ致します。

 

暦通り、日曜祝日はお休みとなります。

 

平日は通常診療をしております。

 

 

4月29日(金) 休診

 

4月30日(土) 通常通り 

 

5月1日(日) 休診

 

5月2日(月) 通常通り

 

5月3日(火) 休診

 

5月4日(水) 休診

 

5月5日(木) 休診

 

5月6日(金) 通常通り

 

5月7日(土) 通常通り

 

5月8日(日) 休診

 

5月9日(月) 通常通り

 

 

お休み前後の診療は混雑が予想されます。

 

ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

院長

 

 

2022年04月20日
年末年始の診療のお知らせ

年末年始の診療予定をお知らせいたします。

 

12月28日(火)午前通常診療 午後通常診療

12月29日(水)午前通常診療 午後休診

12月30日(木)休診

12月31日(金)休診

1月1日(土)休診

1月2日(日)休診

1月3日(月)休診

1月4日(火)通常通り

 

1月4日より通常診療となりますので、よろしくお願いいたします。

 

院長

2021年12月01日
お盆休みのお知らせ

当院では下記の日程でお盆休みを取らせていただきます。

 

8月12日 木曜日 通常通り

 

8月13日 金曜日 休診

 

8月14日 土曜日 休診

 

8月15日 日曜日 休診

 

8月16日 月曜日 通常通り

 

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

院長

2021年07月25日
7月の休診日のお知らせ

東京オリンピック・パラリンピック開催の関係で、祝日が移動しています。

当院は、日曜日、祝日は休診となります。

 

7月19日   月曜日 通常診療

7月22日 木曜日 祝日(海の日)のため休診

7月23日 金曜日 祝日(スポーツの日)のため休診

7月24日 土曜日 通常どおり午前診療

7月25日 日曜日 休診

 

お休み前後の診療は混雑が予想されます。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

院長

 

 

2021年07月10日
大型台風接近に伴う臨時休診のお知らせ

大型台風の接近が予想されており、9月7日月曜日は休診とさせていただきます。

 

9月8日火曜日より通常診療となります。

 

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

院長

2020年09月05日